レクサスCTとBMW1シリーズの比較(メリット・デメリット)

レクサスCTとBMW1シリーズの比較(メリット・デメリット)

みなさん、こんにちは

「高級車を所有する歓び。~premium-car-lineup.com~」にお越しいただきまして、ありがとうございます。

このサイトでは、メルセデス・ベンツ、BMW、アウディ、レクサス等の高級車ブランドについて紹介しています。

はじめての方にも分かりやすい、プレミアムカー選びの参考になるサイトを目指しています。

今回は、レクサスの最小モデルであるCTと、メルセデス・ベンツの最小モデルである1シリーズを比較します。

なお、ここで取り上げるのは初代レクサスCTです。

初代レクサスCTの詳細は、次の記事をご覧ください。

初代レクサスCTの詳細記事

スポンサーリンク

レクサスCTの動画

まずは、レクサスCTの動画を見ていきます。

遮音材の配置最適化の効果で静粛性が向上しています。

スポット増しや組み立て時に接着剤を使うことで、ボディ剛性の増しています!

BMW1シリーズの動画

次に、BMW1シリーズの動画を見ていきます。

この動画は、BMW1シリーズの120iの試乗動画です。

ドライバーの心理を読みぬいた運転感覚が魅力的なクルマです。

レクサスCTの加速性能

次に、レクサスCTの加速性能を見ていきます。

この動画は、レクサスCT200hのフル加速動画です。

0-100加速タイムは9秒ほどです。

BMW1シリーズの加速性能

次に、BMW1シリーズの加速性能を見ていきます。

この動画は、BMW 120dのフル加速動画です。

0-100加速タイムは7.0秒です。

レクサスCTとBMW1シリーズのエンジン

次に、レクサスCTとBMW1シリーズのエンジンについて比較します。

レクサスCTのエンジン

レクサスCTには、ハイブリッドモデルのみが存在します。

CT200h

直列エンジン4気筒1.8L ハイブリッド

最高出力:73kW(99PS)/5,200rpm

最大トルク:142Nm(14.5kgf・m)/4,000rpm

モーター最高出力:60kW(82PS)

モーター最大トルク:207Nm(21.1kgf・m)

システム最高出力:100kW(136PS)

このCT200hには、2ZR-FXE型エンジンが搭載されています。

2ZR-FXE型エンジンについては、次の記事でまとめました。

ぜひご覧ください。

2ZR-FXE型エンジンの詳細記事

BMW1シリーズのエンジン

次に、BMW1シリーズのエンジンについてみていきます。

BMW1シリーズには、2種類のエンジンが搭載されています。

118i

直列エンジン3気筒1.5Lタ―ボ

最高出力:100kW(136PS)/4400rpm

最大トルク:220Nm(22.4kgf・m)/1250-4300rpm

BMW1シリーズのスタンダードなエンジンです。

1.5L、直列エンジン3気筒と、プレミアムモデルとしては不安になるスペックですが、メルセデス・ベンツA180よりもエンジンスペックは高いので大丈夫です。

118d

直列エンジン4気筒2.0Lディーゼルタ―ボ

最高出力:110kW(150PS)/4000rpm

最大トルク:320Nm(32.6kgf・m)/1500-3000rpm

118iとおなじ118という数字ですが、ディーゼルモデルでは直列エンジン4気筒2.0Lとなります。

最大トルクは32.6kgf・mとなっており、十分なエンジンスペック。

燃料が経由なのでランニングコストも抑えることができます。

120i

直列エンジン4気筒2.0Lタ―ボ

最高出力:135kW(184PS)/5000rpm

最大トルク:270Nm(27.5kgf・m)/1350-4600rpm

Mシリーズを除けば最上級モデルになるのが120iです。

最高出力は180PSであり、小柄なBMW1シリーズにとっては十分すぎる動力性能があります。

レクサスCTとBMW1シリーズのトランスミッション

次に、レクサスCTとBMW1シリーズのトランスミッションについて比較します。

レクサスCTのトランスミッション

レクサスCTには、電気式無段変速機が採用されています。

無段階変速によって、変速ショックのないスムーズな走りと、エンジンの最適な回転数を維持することにより、環境性能が高く、ハイブリッドシステムとの組み合わせで燃費もいいのが特徴です。

また、加速時には素早いキックダウンでエンジン回転数が上昇し、クラスを超えた動力性能を発揮します。

BMW1シリーズのトランスミッション

BMW1シリーズには、全モデルでトルコン式の8速ATが採用されています。

レクサスCTよりも、トランスミッションに関しては操る楽しさで上回っています。

レクサスCTとBMW1シリーズの駆動方式

次に、レクサスCTと、BMW1シリーズの駆動方式について比較します。

レクサスCTの駆動方式

レクサスCTでは、FFモデルのみとなります。

BMW1シリーズの駆動方式

BMW1シリーズでは、このクラスでは珍しいFRとなっています。

FR車はFF車よりもキレのいいハンドリングが楽しめるため、運転する楽しさでいえば、このクラスにおいてBMWに勝るものはないでしょう。

レクサスCTとBMW1シリーズのエクステリアデザイン

次に、レクサスCTと、BMW1シリーズのエクステリアデザインを比較していきます。

レクサスCTのエクステリアデザイン

まずは、レクサスCTのエクステリアデザインから見ていきます。

まずはフロントデザインから。

大きなスピンドルグリルや、L字型のLEDなど、一目見てレクサスとわかるフロントフェイスになっています。

次にサイドビューです。

直線を多用したハッチバックデザインなので、全長は短いですが、のびやかなデザインに見えます。

最後にリアデザインです。

リアのテールライトも、夜間に一目見てレクサスとわかるデザインになっています。

また、細長いテールライトで、ワイドさとともに、低重心さも表現しています。

BMW1シリーズのエクステリアデザイン

次に、BMW1シリーズのエクステリアデザインについて見ていきます。

BMWの特徴的なデザインであるイカリングもあります。

もっとも小さなBMWですが、正面からの風格は3シリーズにも劣らないものとなっています。

サイドから見ると、ハッチバックのわりにボンネットが長いです。

BMWは前後重量配分50:50を目指して開発が行われているので、こうした特徴のあるデザインになるのでしょう。

リアも複雑なプレスラインで形作られていて、芸術的な造形になっています。

駆け抜ける喜びをキャッチフレーズにするBMWは、後ろ姿も美しいですね。

レクサスCTとBMW1シリーズのインテリアデザイン

次に、レクサスCTとBMW1シリーズのインテリアデザインについて比較していきます。

レクサスCTのインテリアデザイン

まずは、レクサスCTのインテリアデザインを見ていきます。

まずは運転席周りからです。

直線的な内装であり使いやすいインテリアデザインといえます。

パドルシフトも装備されているので、ワインディングなどでのスポーツ走行にも対応できます。

次に車内空間を見ていきます。

レクサスで最もコンパクトなレクサスCTですが、FF専用のレイアウトであり、佐内空間は広いです。

後部座席に大人2人が乗っても十分な広さがあるでしょう。

BMW1シリーズのインテリアデザイン

次に、BMW1シリーズのインテリアデザインについて見ていきます。

ハンドルのスポークは細く、スポーツ性能を強調したインテリアデザインになっています。

スピードメーターも大きく、純粋にかっこいいといえる内装になっています。

BMW1シリーズはコンパクトなハッチバックですが、車内空間はセダンの良な雰囲気があります。

ピラーの傾きが緩やかだからそう感じるのでしょう。

セダン感覚で運転できて扱いやすいハッチバック、それがBMW1シリーズです。

レクサスCTとBMW1シリーズの新車価格

最後に、レクサスCTとBMW1シリーズの新車価格を比較します。

レクサスCTの新車価格

まずは、レクサスCTの新車価格です。

モデル グレード エンジン トランスミッション 駆動方式 価格
CT200h version L 直4 1.8L

ハイブリッド

電気式無段変速機 2WD(FF) 4,770,000円
F SPORT 4,400,000円
version C 3,990,000円
3,770,000円

レクサスCTの新車価格は3,770,000円からになります。

全モデルでFFであり、スポーティなF SPORTもラインナップされています。

BMW1シリーズの新車価格

次に、BMW1シリーズの新車価格です。

グレード エンジン トランスミッション 駆動方式 価格
118i 直3 1.5L

タ―ボ

8AT FR 3,170,000円
118i Sport 3,640,000円
118i Style 3,640,000円
118i M Sport 3,840,000円
118i M Sport Edition Shadow 3,980,000円
118d Sport 直4 1.5L

ディーゼルタ―ボ

3,890,000円
118d Style 3,890,000円
118d M Sport 4,090,000円
118d M Sport Edition Shadow 4,240,000円
120i Sport 直4 2.0L

タ―ボ

4,500,000円
120i Style 4,500,000円
120i M Sport 4,630,000円

BMW1シリーズの新車価格は3,170,000円からとなります。

BMW 1シリーズの魅力は、300万円台でドイツ車のFRモデルに乗れるというところでしょう。

まとめ

レクサスCTの魅力

レクサスCTの魅力は、ハイブリッド専用モデルであり、コンパクトな車体ながらも十分な車内空間を持っていることです。

動力性能、環境性能に優れたハイブリッドシステムは、信号の多い日本において最適な選択であり、パワートレインの先進性も感じられる1台です。

また、燃料はレギュラーであり、ランニングコストも抑えることができます。

BMW1シリーズの魅力

BMW1シリーズの魅力は、FRである点です。

FR車は、FF車よりも優れたハンドリング性能が魅力です。

そのFRのドイツ車が300万円で購入できるのだから、FRに重点を置くならBMW1シリーズで決まりでしょう。

最後にまとめると、車内空間や快適性で見ればレクサスCT、FRのキレのいいハンドリングならBMW1シリーズになるでしょう。

以上が、レクサスCTとBMW1シリーズの比較になります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする