【レクサスの魅力】レクサスLSとメルセデス・ベンツSクラスの比較(メリット・デメリット)

【レクサスの魅力】レクサスLSとメルセデス・ベンツSクラスの比較(メリット・デメリット)

みなさん、こんにちは

「高級車を所有する歓び。~premium-car-lineup.com~」にお越しいただきまして、ありがとうございます。

このサイトでは、メルセデス・ベンツ、BMW、アウディ、レクサス等の高級車ブランドについて紹介しています。

はじめての方にも分かりやすい、プレミアムカー選びの参考になるサイトを目指しています。

今回は、レクサスのフラッグシップモデルであるレクサスLSとメルセデス・ベンツSクラスの比較をします。

なお、ここで取り上げるのは2台目レクサスLSです。

2代目レクサスLSの詳細は、次の記事をご覧ください。

2代目レクサスLSの詳細記事

スポンサーリンク

レクサスLSの動画

レクサスLSの走行動画です。

車両への映り込みや、ボディラインの流麗さが美しいです。

メルセデス・ベンツSクラスの動画

メルセデス・ベンツS450の試乗動画です。

話題の直6ターボエンジンを搭載しています!

レクサスLSの加速性能

レクサスLS500hの0-200加速動画です。

0-100は6秒ほどです。

メルセデス・ベンツSクラスの加速性能

話題の直6エンジン搭載のメルセデス・ベンツS460の加速動画です。

0-200km/h加速を行います。

0-100加速は5秒です。

レクサスLSとメルセデス・ベンツSクラスのエンジン

レクサスLSのエンジン

レクサスLSには2種類のパワートレインが採用されています。

LS500

V型エンジン6気筒3.5Lツインターボ

最高出力:310kW (422PS) / 6,000rpm

最大トルク:600Nm (61.2kgf・m) / 1,600~4,800rpm

レクサスLS500に搭載されているのはV6 3.5Lツインターボエンジンです。

従来型V8 4.6Lモデルを越える性能を発揮し、官能的なサウンドも魅力です。

LS500h

V型エンジン6気筒3.5Lハイブリッド

最高出力:220kW (299PS) / 6,600rpm

最大トルク:356Nm (36.3kgf・m) / 5,100rpm

モーター

最高出力:132kW (180PS)

最大トルク:300Nm (30.6kgf・m)

レクサスLS500hには、マルチステージハイブリッドが採用され、ハイブリッドでありながら、運転する楽しさも両立したパワートレインです。

ハイブリッド用エンジンでありながら高回転まで回るのが特徴で、エンジン回転数の上昇とともに加速していく官能性も魅力的です。

メルセデス・ベンツSクラスのエンジン

次に、メルセデス・ベンツSクラスのエンジンを見ていきます。

メルセデス・ベンツSクラスには、4種類のエンジンがラインナップされています。

S400

V型エンジン6気筒3.0L DOHC ツインターボ

最高出力:270kW(367PS)/5,500-6,000rpm

最大トルク:500Nm(51.0kgf・m)/1,600-4,000rpm

S460

直列エンジン6気筒3.0L DOHC ターボ

最高出力:270kW(367PS)/5,500-6,000rpm

最大トルク:500Nm(51.0kgf・m)/1,600-4,000rpm

S560

V型エンジン8気筒4.0L DOHC ツインターボ

最高出力:345kW(469PS)/5,250-5,500rpm

最大トルク:700Nm(71.4kgf・m)/2,000-4,000rpm

S600

V型エンジン12気筒6.0L SOHC ツインターボ

最高出力:390kW(530PS)/4,900-5,300rpm

最大トルク:830Nm(84.6kgf・m)/1,900-4,000rpm

最も注目されているのが、S460の直6ターボエンジンです。

このS460の直6エンジンは、電動スーパーチャージャーを搭載しており、ターボラグの改善が行われており、強力な加速性能を発揮します。

また、滑らかに回る回転フィールも魅力的で、シルキー6と呼ばれるBMWの直6エンジンよりも気持ちよく回るエンジンとして注目されています。

それ以外には、S600のV12エンジンです。

12気筒エンジンは、国内ではかつてのセンチュリーぐらいしか採用されなかったエンジンです。

ツインターボ搭載、さらにSOHC化していることで、低速トルクが圧倒的に太くなり、真の高級車の走りを披露してくれます。

レクサスLSとメルセデス・ベンツSクラスのトランスミッション

次に、レクサスLSとメルセデス・ベンツSクラスのトランスミッションを比較します。

レクサスLSのトランスミッション

レクサスLSには10ATと電気式無段変速機が採用されています。

ガソリンターボモデルのレクサスLS500には、10ATが採用され、ダイレクトな加速と、多段変速によるリズミカルな変速、そして多段AT特有の官能性を実現しています。

ハイブリッドモデルのLS500hでは、自動無段変速機が採用され、変速ショックのないスムーズな走りが魅力的です。

マルチステージハイブリッドの搭載により、走りの愉しさも併せ持ちます。

メルセデス・ベンツSクラスのトランスミッション

メルセデス・ベンツSクラスにトランスミッションは、9ATと7ATです。

S400、S460、S560には、新世代の9ATが採用されています。

しかもツインクラッチ式で、ダイレクトな走りが可能。

アクセルレスポンスに優れ、あらゆる場面で爽快な加速フィールを実現します。

V12型エンジンを搭載しているS600でのみ、7ATとなります。

9ATに対しては特に優れている部分は見当たりませんが、エンジン性能が圧倒的であり、ネガティブ要素も関係ない力強い走りが可能です。

レクサスLSとメルセデス・ベンツSクラスの駆動方式

次に、レクサスLSとメルセデス・ベンツSクラスの駆動方式を比較します。

レクサスLSの駆動方式

レクサスLSでは、FRとAWDが選択できます。

2代目レクサスLSは、歴代LSの中でも最もスポーティな方向性に振っているの、FRがおすすめです。

メルセデス・ベンツSクラスの駆動方式

メルセデス・ベンツSクラスでは、FRが主流となっています。

V8 4.0LツインターボのS560のみAWDモデルが選択でき、路面状況によらない安定した走りを体感できます。

レクサスLSとメルセデス・ベンツSクラスのエクステリアデザイン

次に、レクサスLSとメルセデス・ベンツSクラスのエクステリアデザインを比較します。

レクサスLSのエクステリアデザイン

まずは、レクサスLSのエクステリアデザインを見ていきます。

まずはフロントデザインです。

レクサス共通のL字型LEDとスピンドルグリルを採用しながらも、セダン離れした引き締まったフロントフェイスです。

エッジの効いたバンパーデザインは、フルサイズセダンでありながらスポーツマインドが感じられます。

次にサイドビューです。

ロングノーズなシルエットで、スポーツクーペのようなデザインになっています。

最後にリアデザインです。

水平基調のデザインになっており、低重心で安定感のある走りを表現しています。

トランク形状もリアにかけて絞っており、引き締まったスポーティなデザインです。

メルセデス・ベンツSクラスのエクステリアデザイン

次に、メルセデス・ベンツSクラスのエクステリアデザインを見ていきます。

まずはフロントデザインです。

攻撃的なフロントフェイスです。

見るからに圧倒的な風格と秘めたるパフォーマンスが伝わってきます。

次にサイドビューです。

正統派フルサイズセダンです。

派手に飾っているわけではないのに、圧倒的な風格が伝わってきます。

最後にリアデザインです。

テールライトのデザインに高級感があります。

バンパーはバンパー一体型で、調和のとれたリアデザインです。

レクサスLSとメルセデス・ベンツSクラスのインテリアデザイン

次に、レクサスLSとメルセデス・ベンツSクラスのインテリアデザインを比較します。

レクサスLSのインテリアデザイン

まずはレクサスLSのインテリアデザインを見ていきます。

まずは運転席周りから。

本物の高級感が追及されており。使い勝手にこだわった内装ながらも、他を圧倒する高級感があります。

ナビも凝ったデザインで、インテリアデザインになじんでします。

次に車内空間を見ていきます。

リアシートもゆったり座れるシートです。

センターアムレストも単なるカップホルダーではなく快適性が追及されており、社長席のような快適性があります。

メルセデス・ベンツSクラスのインテリアデザイン

次に、メルセデス・ベンツSクラスのインテリアデザインを見ていきます。

まずは運転席周りから。

ブラックの内装に、紫のラインが高貴な印象です。

高級感の中にもゆったりとした雰囲気があり、どこか落ち着く感じのするインテリアデザインです。

次に車内空間を見ていきます。

リアシートはヘッドレストが大きく、快適なドライブが愉しめます。

寝てしまっても首が痛くなることはないでしょう。

レクサスLSとメルセデス・ベンツSクラスの新車価格

最後に、レクサスLSとメルセデス・ベンツSクラスの新車価格を比較します。

掲載の価格は投稿日現在のものです。

レクサスLSの新車価格

まずは、レクサスLSの新車価格を見ていきます。

モデル グレ-ド エンジン 駆動方式 価格(税込み)
LS500h EXECUTIVE V6 3.5L

マルチステージハイブリッド

FR 16,400,000円
version L 14,600,000円
F SPORT 13,100,000円
I Package 11,800,000円
11,200,000円
EXECUTIVE AWD 16,800,000円
version L 15,000,000円
F SPORT 13,500,000円
I Package 12,200,000円
11,600,000円
LS500 EXECUTIVE V6 3.5L

ツインターボ

FR 15,000,000円
version L 13,200,000円
F SPORT 12,000,000円
I Package 10,420,000円
9,800,000円
EXECUTIVE AWD 15,400,000円
version L 13,600,000円
F SPORT 12,100,000円
I Package 10,820,000円
10,200,000円

車両価格は9,800,000円から。

最高峰のモデルでは16,800,000円に達します。

全モデルでFRとAWDを選択でき、雪国などのAWDが必須の地域でも選択肢が減らないのがうれしいポイントです。

メルセデス・ベンツSクラスの新車価格

次に、メルセデス・ベンツSクラスの新車価格を見ていきます。

グレード エンジン トランスミッション 駆動方式 価格
S400 V6 3.0L

ツインターボ

9AT FR 11,400,000円
S450 直6 ターボ FR 11,470,000円
S450 Exclusive FR 13,630,000円
S450 long FR 14,730,000円
S560 lomg V8 4.0L

ツインターボ

FR 16,640,000円
S560 long 4MATIC AWD 16,990,000円
S600 long V12 6.0L

ツインターボ

7AT FR 23,570,000円

最低価格は11,400,000円から。

最高峰のモデルでは2000万円を越えています。

基本的にFR、S560 long 4MATICのみAWDモデルとなります。

まとめ

新車価格で比較すれば、レクサスLSとライバル関係にあるのは、S400、S460、S560でしょう。

レクサスLSの特徴は、マルチステージハイブリッド。

ハイブリッドでありながら、走る愉しさを追求したモデルで、モーターアシストによる瞬発力と、エンジン回転数の上昇とともに加速していく官能性が得られます。

一方で、メルセデス・ベンツSクラスの特徴はS460の電動スーパーチャージャー付の直6ターボエンジン。

ターボエンジンのターボラグを解消し、ガソリンエンジンの真の心地よさを追求しています。

その他、LS500はV6 ツインターボを搭載しており、S400と完全なライバル関係になります。

ここはトランスミッションのギア数の関係でLSに軍配が上がるでしょうか。

S560のV8ツインターボエンジンであれば、BMW 7シリーズ、さらにAWDモデルのS560 long 4MATICであればAudi A8も比較対象になりそうです。

以上が、レクサスLSとメルセデス・ベンツSクラスのまとめです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする