メルセデス・ベンツGLAクラスについて(AクラスベースのプレミアムコンパクトSUV。高級感と迫力のあるエクステリアデザインが魅力)

メルセデス・ベンツGLAクラスについて(AクラスベースのプレミアムコンパクトSUV。高級感と迫力のあるエクステリアデザインが魅力)

みなさん、こんにちは

「高級車を所有する歓び。~premium-car-lineup.com~」にお越しいただきまして、ありがとうございます。

このサイトでは、メルセデス・ベンツ、BMW、アウディ、レクサス等の高級車ブランドについて紹介しています。

はじめての方にも分かりやすい、プレミアムカー選びの参考になるサイトを目指しています。

今回は、初代メルセデス・ベンツGLAクラス(X156型)について紹介します!

GLAクラスは、Aクラスをベースにした、コンパクトSUVです!

スポンサーリンク

初代メルセデス・ベンツGLAクラス(X156型)の動画

まずは初代メルセデス・ベンツGLAクラスの(X156型)の試乗動画からです。

この動画は、GLA250 4MATIC Sportの試乗動画です。

先進装備が多数搭載されており理想的なクルマではありますが、乗り心地が固いのが気になるそうです。

初代メルセデス・ベンツGLAクラス(X156型)の加速性能

次に、初代メルセデス・ベンツ(X156型)の加速性能を見ていきます。

この動画はメルセデスAMG GLA45のフル加速動画です。

256km/hまで加速します。

0-100加速タイムは4.4秒です。

初代メルセデス・ベンツGLAクラス(X156型)のエンジン

次に、初代メルセデス・ベンツGLAクラス(X156型)のエンジンについて見ていきます。

GLA180

直列エンジン4気筒 1.6L ターボ

最高出力:90kW(122PS)/5,000rpm

最大トルク:200Nm(20.4kgf・m)/1,250-4,000rpm

初代メルセデス・ベンツGLAクラス(X156型)のベーシックなエンジンです。

排気量が1.6Lのため、税金面では2.0L分を負担する必要があります。

GLA220

直列エンジン4気筒 2.0L ターボ

最高出力:135kW(184PS)/5,500rpm

最大トルク:300Nm(30.6kgf・m)/1,200-4,000rpm

GLA220では出力を控え気味にすることで、ターボエンジンのクセを抑え、市街地での扱いやすさを増しています。

GLA250

直列エンジン4気筒 2.0L ターボ

最高出力:160kW(218PS)/5,500rpm

最大トルク:350Nm(35.7kgf・m)/1,200-4,000rpm

GLA250では、218PSを発揮し、ガソリン自然吸気エンジン換算で2.5L相当の動力性能を発揮します。

メルセデスAMG GLA45

直列エンジン4気筒 2.0L ターボ

最高出力:280kW(381PS)/6,000rpm

最大トルク:475Nm(48.4kgf・m)/2,250-5,000rpm

量産4気筒エンジン最高スペックを誇るエンジンです。

2.0LエンジンでありながらAMGの技術により381馬力を発揮します。

初代メルセデス・ベンツGLAクラス(X156型)のトランスミッション

次に、初代メルセデス・ベンツGLAクラス(X156型)のトランスミッションについて見ていきます。

初代メルセデス・ベンツGLAクラス(X156型)では、全モデルで7速DCTが搭載されています。

DCTは、デュアル・クラッチ・トランスミッションのことで、偶数段と奇数段でクラッチを分け、2枚のクラッチを使うことで変速レスポンスを高速化するものです。

また、摩擦クラッチを使っているため、ダイレクトな加速感も魅力です。

初代メルセデス・ベンツGLAクラス(X156型)の駆動方式

次に、初代メルセデス・ベンツGLAクラス(X156型)の駆動方式を見ていきます。

初代メルセデス・ベンツGLAクラス(X156型)では、FFとAWDがラインナップされています。

GLA180ではFFのみとなります。

GLA220、GLA250、メルセデスAMG GLA45ではAWDのみとなります。

初代メルセデス・ベンツGLAクラス(X156型)のエクステリアデザイン

次に、初代メルセデス・ベンツGLAクラス(X156型)のエクステリアデザインを見ていきます。

まずはフロントデザインです。

重量感のあるデザインになっています。

フロントグリルの押し出しが強く、SUVとしてのタフな印象を与えます。

次にサイドビューです。

流れるように流麗なボディラインが美しいです。

流麗なデザインの中にも、フェンダーにはSUVとしての力強さが表れています。

最後にリアデザインです。

マフラーはバンパー一体型です。

バンパーにメッキを用いることで、地上高の高さを強調し、SUVとしての走破性を強調しています。

初代メルセデス・ベンツGLAクラス(X156型)のインテリアデザイン

次に初代メルセデス・ベンツGLAクラス(X156型)のインテリアデザインを見ていきます。

まずはインテリアデザインから。

シンプルで機能性の高いインテリアといえます。

インテリアのふくらみを抑えることで、運転席、助手席の足元空間は広く作られています。

次に車内空間を見ていきます。

シート形状も、サイドにサポーターがあるため、安定して座ることができます。

ただし、Aクラスをベースとしているため、後部座席の空間はあまり広くありません。

4人乗車での長距離ドライブなら、Cクラスがおすすめです。

初代メルセデス・ベンツGLAクラス(X156型)の新車価格

次に、初代メルセデス・ベンツGLAクラス(X156型)の新車価格を見ていきます。

グレード エンジン トランスミッション 駆動方式 新車価格
GLA180 直4 1.6L ターボ 9速DCT FF 4,060,000円
GLA220 4MATIC 直4 2.0L ターボ(184PS) AWD 4,580,000円
GLA250 4MATIC 直4 2.0L ターボ(218PS) AWD 5,230,000円
メルセデスAMG GLA45 4MATIC 直4 2.0L ターボ(381PS) AWD 8,080,000円

初代メルセデス・ベンツGLAクラス(X156型)の新車価格は4,060,000円からです。

このうち、GLA180とGLA250 4MATICは受注生産となるため納期が掛かります。

GLA180は1.6Lエンジンであるため、税金面などの維持費では2.0Lモデルと差がありません。

したがって、GLA180はGLA220に対して新車価格を抑えられる以外にメリットはないでしょう。

メインとなるのはやはりGLA220 4MATCです。

さらなるパワーを求めるなら、メルセデスAMG GLA45 4MATICとなるでしょう。

初代メルセデス・ベンツGLAクラス(X156型)のまとめ

ここまで、メルセデス・ベンツLAクラスについてまとめてきました。

取り回しのいいコンパクトなボディをSUVにすることでアイポイントな高くなり見晴らしがよくなるので、市街地でのさらに扱いやすさを増しました。

運転に自信がない方にもお勧めできるメルセデスです!

以上が初代メルセデス・ベンツGLAクラス(X156型)のまとめです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする