3代目メルセデス・ベンツAクラス(W176型)について(DCT搭載。世界のベンチマーク。381馬力のホットハッチ、AMG A45。)

3代目メルセデス・ベンツ Aクラス(W176型)について(DCT搭載。世界のベンチマーク。381馬力のホットハッチ、AMG A45。)

みなさん、こんにちは

「高級車を所有する歓び。~premium-car-lineup.com~」にお越しいただきまして、ありがとうございます。

このサイトでは、メルセデス・ベンツ、BMW、アウディ、レクサス等の高級車ブランドについて紹介しています。

はじめての方にも分かりやすい、プレミアムカー選びの参考になるサイトを目指しています。

今回は、メルセデス・ベンツのコンパクトモデルである、Aクラスについて紹介します!

スポンサーリンク

3代目メルセデス・ベンツ Aクラス(W176型)の動画

次に、3代目メルセデス・ベンツ Aクラス(W176型)の動画です。

マイナーチェンジを受け、381馬力になったメルセデスAMG A45の試乗動画がありました。

もともとデビュー当時はじゃじゃ馬だったメルセデスAMG A45ですが、マイナーチェンジ後は381馬力に出力をアップさせながらも、扱いやすいクルマになっています!

3代目メルセデス・ベンツ Aクラス(W176型)の加速性能

次に、3代目メルセデス・ベンツ Aクラス(W176型)の加速性能を見ていきます。

この加速動画は、マイナーチェンジにより最高出力が381馬力になったメルセデスAMG A45のものです。

0-100加速は4秒代です!

3代目メルセデス・ベンツ Aクラス(W176型)のボディサイズ

次に、3代目メルセデス・ベンツ Aクラス(W176型)のボディサイズを見ていきます。

Aクラス(W176型)
全長 4,300mm
全幅 1,780mm
全高 1,435mm
ホイールベース 2,700mm

3代目メルセデス・ベンツ Aクラスは、全長が4,300mmと短く、取り回しのいいボディサイズになっています。

また、前後のオーバーハングを切り詰めることで、ホイールベースは2,700mmと十分長く、乗り心地と車内空間の広さを両立しています。

3代目メルセデス・ベンツ Aクラス(W176型)のエンジン

A180

直列エンジン4気筒1.6Lタ―ボ

最高出力:90kW(122PS)/5,000rpm

最大トルク:200Nm(20.4kgf・m)/1,250-4,000rpm

3代目メルセデス・ベンツAクラス(W176型)のスタンダードなエンジンです。

最大トルクは200Nmで、おおよそ2.0Lクラスの動力性能があり、小柄な3代目メルセデス・ベンツAクラス(W176型)には十分な動力性能です。

A250

直列エンジン4気筒2.0Lタ―ボ

最高出力:160kW(218PS)/5,500rpm

最大トルク:350Nm(35.7kgf・m)/1,200-4,000rpm

3代目メルセデス・ベンツAクラス(W176型)の、AMGモデルを除いては最上級モデルになります。

最高出力は2.5L程度、トルクに至ってはクラスの動力性能があり、週末のロングドライブも楽しめそうです。

メルセデスAMG A45

直列エンジン4気筒2.0Lターボ

最高出力:280kW(381PS)/6,000rpm

最大トルク:475Nm(48.4kgf・m)/2,250-5,000rpm

Aクラスのフラッグシップエンジンです。

GLA45、CLA45と並び、量産2.0Lエンジン最強のモデルとなります。

圧倒的なパフォーマンスを求めるなら、このエンジンがいいでしょう。

3代目メルセデス・ベンツ Aクラス(W176型)のトランスミッション

3代目メルセデス・ベンツ Aクラス(W176型)のトランスミッションは、すべて7速DCTとなります。

DCTは、偶数段と奇数段でクラッチを分けることで、高速な変速レスポンスを実現しています。

3代目メルセデス・ベンツ Aクラス(W176型)の駆動方式

3代目メルセデス・ベンツ Aクラス(W176型)では、FFとAWDがラインナップされています。

A180では、全モデルでFFとなります。

A250とメルセデスAMG A45では、パートタイム式のAWDとなります。

通常はFFで駆動し、走行状態に応じて後輪にも駆動力を配分します。

3代目メルセデス・ベンツ Aクラス(W176型)のエクステリアデザイン

次に、3代目メルセデス・ベンツ Aクラス(W176型)のエクステリアデザインを見ていきます。

まずはフロントからです。

深いプレスラインが、車両の塊感を演出していて、コンパクトカーでありながら圧倒的な存在感とタフなイメージを与えます。

次にリアデザインを見てみます。

マフラーはバンパー一体型となっており、スタイリッシュです。

フロントデザインとは異なり、かなり落ち着いたデザインとなっています。

最後に斜め上から見てみましょう。

高さを抑え、ボンネットが長く見えるデザインとなっているので、スポーティな印象を与えます。

誰が見ても、「メルセデス・ベンツ」とわかるデザインになっています。

3代目メルセデス・ベンツ Aクラス(W176型)のインテリアデザイン

次に、3代目メルセデス・ベンツ Aクラス(W176型)のインテリアデザインを見ていきます。

若干タイトなインテリア空間です。

走行性能を重視し、街中でも扱いやすいコンパクトカーながら、スポーツカーに近いキャラクターも持ち合わせています。

3代目メルセデス・ベンツ Aクラス(W176型)の新車価格

最後に、3代目メルセデス・ベンツ Aクラス(W176型)の新車価格を見ていきます。

モデル エンジン トランスミッション 駆動方式 価格
A180 Style 直4 1.8L

タ―ボ

7速DCT

(デュアルクラッチトランスミッション)

FF 2,980,000円
A180 AMG Style 3,510,000円
A250 SPORT 4MATIC 直4 2.0L

タ―ボ

AWD 5,010,000円
メルセデスAMG A45 4MATIC 直4 2.0Lターボ(381PS) AWD 7,200,000円

3代目メルセデス・ベンツAクラス(W176型)の新車価格は、2,980,000円からとなります。

日常用途における動力性能なら、A180やA250で十分でしょう。

圧倒的なパフォーマンスを求めるなら、メルセデスAMG A45 4MATICです。

全モデルで7速DCTが採用されているので、ダイレクト感のある走りが愉しめます。

3代目メルセデス・ベンツ Aクラス(W176型)のライバル車

次に、3代目メルセデス・ベンツ Aクラス(W176型)のライバル車を見ていきます。

BMW 1シリーズ

BMW 1シリーズは、プレミアムコンパクトの中でも珍しいFRレイアウトのクルマです。

BMWは前後重量配分50:50にこだわっており、BMW 1シリーズにも例外ではありません。

300万円台で購入できる数少ないFR車で、ハンドリング性能で選ぶなら一番おすすめです。

BMW 1シリーズの詳細は、次の記事をご覧ください。

BMW 1シリーズの詳細記事

アウディ A3/S3

アウディ A3/S3は、アウディのプレミアムコンパクトです。

セダンタイプもあります。

アウディ A3は1.4L FFからラインナップうされており、経済性にも優れた車です。

ハイパワーモデルのアウディ S3は走行性能に優れたモデルで、アウディ独自のAWDシステムであるquattroが、ハイパワーを確実に路面に伝えます。

アウディ A3/S3の詳細は、次の記事をご覧ください。

アウディ A3/S3の詳細記事

レクサス CT

レクサス CTは、レクサスのコンパクトカーです。

欧州のライバル車がダウンサイジングターボによって燃費や環境性能を高めているのに対し、レクサスは先進のハイブリッドシステムで対抗しています。

モーターアシストによる力強い加速と低燃費、そしてレギュラー対応による経済性も魅力です。

レクサス CTの詳細は、次の記事をご覧ください。

レクサス CTの詳細記事

3代目メルセデス・ベンツ Aクラス(W176型)のまとめ

ここまで、3代目メルセデス・ベンツ Aクラス(W176型)について紹介してきました。

Aクラスは、メルセデス・ベンツの最小モデルであり、日常での取り回しの良さと欧州車らしい安定した走りを両立した車です。

大人の余裕を感じるプレミアムコンパクトのメルセデス・ベンツ Aクラスは、人とは違った車を求める方におすすめです。

以上が、3代目メルセデス・ベンツ Aクラス(W176型)のまとめです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする