3代目メルセデス・ベンツ CLSクラス(C257型)について(ISG搭載。大人の余裕が感じられる流麗なクーペスタイル。)

3代目メルセデス・ベンツ CLSクラス(C257型)について(ISG搭載。大人の余裕が感じられる流麗なクーペスタイル。)

みなさん、こんにちは

「高級車を所有する歓び。~premium-car-lineup.com~」にお越しいただきまして、ありがとうございます。

このサイトでは、メルセデス・ベンツ、BMW、アウディ、レクサス等の高級車ブランドについて紹介しています。

はじめての方にも分かりやすい、プレミアムカー選びの参考になるサイトを目指しています。

今回は、流麗なデザインが魅力の、CLSクラスについて紹介します!

スポンサーリンク

3代目メルセデス・ベンツ CLSクラス(C257型)の動画

まずは、3代目メルセデス・ベンツ CLSクラス(C257型)の動画を見ていきましょう。

この動画は、CLS450 4MATIC Sportsの試乗動画です。

直6エンジン+ISGで、V8の大排気量のような走りが愉しめるそうです。

3代目メルセデス・ベンツ CLSクラス(C257型)の加速性能

次に、3代目メルセデス・ベンツ CLSクラス(C257型)の加速性能を見ていきます。

この動画はCLS450 4MATICのフル加速動画です。

0-100加速タイムは4秒後半です。

3代目メルセデス・ベンツ CLSクラス(C257型)のボディサイズ

次に、3代目メルセデス・ベンツ CLSクラス(C257型)のボディサイズを見ていきます。

CLSクラス(C257型)
全長 5,000mm
全幅 1,895mm
全高 1,430mm
ホイールベース 2,940mm

CLSクラスの全長は5,000mmです。

CLSクラスはEクラスの派生モデルであり、Eセグメントのクルマになりますが、ボディサイズではフルサイズセダンとなるFセグメントと同じサイズになります。

よって、Eクラスよりもワンランク上のクルマといった位置づけであり、どちらかと言えばSクラスに近いモデルです。

全長の長いボディはサイドから見たときのスタイリッシュな流線型のデザインを演出するのに役立っています。

また、フルサイズセダン並みのボディサイズはスタイリッシュなエクステリアデザインとともに広い車内空間を生み、快適なドライブを愉しむことができます。

3代目メルセデス・ベンツ CLSクラス(C257型)のエンジン

CLS220d

直列エンジン4気筒 2.0L ディーゼルターボ

最高出力:143kW(194PS)/3,800rpm

最大トルク:400Nm(40.8kgf・m)/1,600-2,800rpm

CLSのディーゼルモデルです。

最大トルクは、ガソリン自然吸気エンジン換算で4.0L相当のものがあります。

CLS450

直列エンジン6気筒 3.0L ターボ ハイブリッド

エンジン最高出力:270kW(367PS)/5,500-6,100rpm

エンジン最大トルク:500Nm(51.0kgf・m)/1,600-4,000rpm

モーター最大トルク:250Nm(25.5kgf・m)

メルセデス・ベンツ新開発のISG搭載モデルです。

直列エンジン6気筒の完全バランスの滑らかな走りが愉しめます。

メルセデスAMG CLS53

直列エンジン6気筒 3.0L ターボ ハイブリッド

エンジン最高出力:320kW(435PS)/6,100rpm

エンジン最大トルク:520Nm(53.0kgf・m)/1,800-5,800rpm

モーター最大トルク:250Nm(25.5kgf・m)

ISG搭載モデルのAMG仕様です。

圧倒的な加速性能を発揮します。

3代目メルセデス・ベンツ CLSクラス(C257型)のトランスミッション

3代目メルセデス・ベンツ CLSクラス(C257型)のトランスミッションは、全モデルで9速ATが採用されています。

多段化することで、ダイレクトな走りと、変速ショックのないスムーズな走りを愉しめます。

3代目メルセデス・ベンツ CLSクラス(C257型)の駆動方式

3代目メルセデス・ベンツ CLSクラス(C257型)は、FRとAWDが設定されています。

CLS220dではFRのみとなります。

CLS450とメルセデスAMG CLS53ではAWDのみとなります。

3代目メルセデス・ベンツ CLSクラス(C257型)のエクステリアデザイン

次に、3代目メルセデス・ベンツ CLSクラス(C257型)のエクステリアデザインを見ていきます。

まずはフロントデザインです。

低く構えたデザインで、スポーティなデザインです。

次にサイドビューです。

サイドビューは、クーペというよりもセダンに近い雰囲気です。

全長が5mになるサイズなので、のびやかなデザインになっています。

最後にリアデザインです。

マフラーは4本だしです。

水平基調のデザインで、重心の低さを感じます。

3代目メルセデス・ベンツ CLSクラス(C257型)のインテリアデザイン

次に、3代目メルセデス・ベンツ CLSクラス(C257型)のインテリアデザインを見ていきます。

まずは運転席周りから。

ブラックのインテリアに、レッドのアクセントがスポーティです。

次に車内空間を見ていきます。

EクラスをベースにしているCLSクラスは、後部座席も快適です。

4人乗車でなら、ロングドライブも可能でしょう。

3代目メルセデス・ベンツ CLSクラス(C257型)の新車価格

次に、3代目メルセデス・ベンツ CLSクラス(C257型)の新車価格を見ていきます。

グレード エンジン トランスミッション 駆動方式 新車価格
CLS220d Sports 直4 2.0L ディーゼルターボ 9AT FR   7,990,000円
CLS450 4MATIC Sports 直6 3.0L ターボ ハイブリッド AWD 10,380,000円
メルセデスAMG CLS53 4MATIC+ 直6 3.0L ターボ ハイブリッド(AMGハイチューン仕様) AWD 12,740,000円

CLSクラスの新車価格は7,990,000円からです。

CLS220d Sportsはディーゼルエンジンなので、ランニングコストを抑えることができます。

ただし、CLS220dは4気筒エンジンなので、エンジンの高級感を味わうにはCLS450 4MATIC Sports以上となるでしょう。

そうなると、1000万円越えは確定となり、Sクラスに匹敵する高級車になります。

3代目メルセデス・ベンツ CLSクラス(C257型)のライバル車

次に、3代目メルセデス・ベンツ CLSクラス(C257型)のライバル車を見ていきます。

BMW 6シリーズ

BMW 6シリーズは、BMWのラグジュアリークーペです。

5シリーズの上位モデルになります。

CLSクラスと同じく、特徴的なデザインです。

BMW 6シリーズの詳細は、次の記事をご覧ください。

BMW 6シリーズの詳細記事

アウディ A7

アウディ A7は、アウディのラグジュアリー4ドアクーペです。

A6とA8の中間に位置するモデルで、個性的なデザインと、アウディならではのquattroシステムによる安定した走りが魅力です。

アウディ A7の詳細は、次の記事をご覧ください。

アウディ A7の詳細記事

レクサス LS

レクサス LSは、レクサスのフラッグシップセダンです。

分類上はセダンになるクルマですが、レクサスはクーペスタイルの流麗なセダンを意識して開発したため、ライバル関係になるでしょう。

ハイブリッド車のパイオニアとしての先進的なマルチステージステージハイブリッドは、ハイブリッド車の低燃費性、環境性能と、クルマを運転する愉しさを感じることができます。

レクサス LSの詳細は、次の記事をご覧ください。

レクサス LSの詳細記事

3代目メルセデス・ベンツ CLSクラス(C257型)のまとめ

ここまで、3代目メルセデス・ベンツCLSクラス(C257型)についてまとめてきました。

流麗なデザインが魅力のCLSクラス。

ディーゼル、ISG搭載モデル、AMGモデルと3種類がラインナップされているので、好みに合ったモデルを選択してください。

以上が、3代目メルセデス・ベンツCLSクラス(C257型)のまとめです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする