初代メルセデス・ベンツGLSクラス(X166)について(LXが最大のライバル!世界に誇るファーストクラスSUV!)

初代メルセデス・ベンツGLSクラス(X166)について(LXが最大のライバル!世界に誇るファーストクラスSUV!)

みなさん、こんにちは

「高級車を所有する歓び。~premium-car-lineup.com~」にお越しいただきまして、ありがとうございます。

このサイトでは、メルセデス・ベンツ、BMW、アウディ、レクサス等の高級車ブランドについて紹介しています。

はじめての方にも分かりやすい、プレミアムカー選びの参考になるサイトを目指しています。

今回は、初代メルセデス・ベンツGLSクラス(X166)について紹介します。

初代メルセデス・ベンツGLSクラス(X166)は、メルセデス・ベンツのフラッグシップSUVです。

スポンサーリンク

初代メルセデス・ベンツGLSクラス(X166)の動画

まずは、初代メルセデス・ベンツGLSクラス(X166)の動画を見ていきます。

この動画は、GLSクラスの雪道走行テスト動画です。

日本未導入のモデルもありますが、4MATICの性能をチェックする意味で興味深い動画だと思います。

初代メルセデス・ベンツGLSクラス(X166)の加速性能

次に、初代メルセデス・ベンツGLSクラス(X166)の加速性能を見ていきます。

この動画は、GLS350dのフル加速動画です。

ディーゼルモデルであり、215km/hまで加速します。

0-100加速タイムは8秒ほどです。

初代メルセデス・ベンツGLSクラス(X166)のエンジン

次に、初代メルセデス・ベンツGLSクラス(X166)のエンジンについて見ていきます。

GLS350d

V型エンジン6気筒 3.0L ディーゼルターボ

最高出力:190kW(258PS)/3,400rpm

最大トルク:620Nm(63.2kgf・m)/1,600-2,400rpm

GLS550

V型エンジン8気筒 4.7L ツインターボ

最高出力:335kW(455PS)/5,250-5,500rpm

最大トルク:700Nm(71.4kgf・m)/1,800-3,500rpm

メルセデスAMG GLS63

V型エンジン8気筒 5.5L ツインターボ

最高出力:430kW(585PS)/5,500rpm

最大トルク:760Nm(77.5kgf・m)/1,750-5,250rpm

初代メルセデス・ベンツGLSクラス(X166)のトランスミッション

次に、初代メルセデス・ベンツGLSクラス(X166)のトランスミッションを見ていきます。

初代メルセデス・ベンツGLSクラス(X166)では、9速ATと7速ATが採用されています。

GLS350dとGLS550では9速ATが採用されています。

メルセデスAMG GLS63では、許容トルクの関係上9速ATが搭載できないため、7速ATとなります。

初代メルセデス・ベンツGLSクラス(X166)の駆動方式

次に、初代メルセデス・ベンツGLSクラス(X166)の駆動方式を見ていきます。

初代メルセデス・ベンツGLSクラス(X166)では、全モデルでAWDとなっています。

雨の日の高速道路や雪道などの滑りやすい路面でも、安定したドライブを愉しむことができます。

初代メルセデス・ベンツGLSクラス(X166)のエクステリアデザイン

次に、初代メルセデス・ベンツGLSクラス(X166)のエクステリアデザインを見ていきます。

まずはフロントデザインです。

メルセデス・ベンツのSUVでフラッグシップモデルになるGLSクラスは、実際に見ないとわからない、重量感と風格があります。

これは写真だけでは伝わってこない部分なので、実車を確認してみてください。

次にサイドビューです。

ボンネットもほぼ水平になっており、車両サイズを最大限まで生かして骨太感が表現されています。

もちろん、全モデルAWDであり、アクセラ路走破性能もあるため、見掛け倒しのSUVではありません。

最後にリアデザインです。

この画像はメルセデスAMG GLS63のものですが、マフラーは4本出しとなっています。

平面的なデザインにすることで、重量感を感じさせるリアデザインになっています。

初代メルセデス・ベンツGLSクラス(X166)のインテリアデザイン

次に、初代メルセデス・ベンツGLSクラス(X166)のインテリアデザインを見ていきます。

まずは運転席周りから。

エクステリアデザインの重量感のある威圧的なボディとは異なり、インテリアは繊細な高級車のデザインになっています。

車内空間も広く、快適なクルージングドライブが愉しめます。

次に車内空間を見ていきます。

GLEクラスは3列シートのモデルであり、メルセデス・ベンツは「ファーストクラスSUV」と呼んでいます。

巨大なボディサイズを生かした車内空間は広大で、3列シートであっても窮屈感は感じません。

初代メルセデス・ベンツGLSクラス(X166)の新車価格

次に。初代メルセデス・ベンツGLSクラス(X166)の新車価格を見ていきます。

グレード エンジン トランスミッション 駆動方式 新車価格
GLS350d 4MATIC V6 3.0L ディーゼルターボ 9AT AWD 10,910,000円
GLS350d 4MATIC Sports AWD 12,140,000円
GLS550 4MATIC Sports V8 4.7L ツインターボ AWD 15,300,000円
メルセデスAMG GLS63 4MATIC V8 5.5L ツインターボ 7AT AWD 19,380,000円

GLSクラスの新車価格は10,910,000円からとなります。

ただしGLS350d 4MATICは受注生産となるため、GLSクラスを購入するときのベースとなるグレードは実質的にGLS350d 4MATIC Sportsでしょう。

GLEクラスはどのモデルを選んでも十分満足できます。

GLS350dは3.0Lエンジンですが、ディーゼルエンジンの定速と組トルクの太さを生かして、63.2kgf・mを発揮します。

これはガソリン自然吸気エンジンで見れば6.0Lクラスに匹敵するトルクであり、重量級のボディをグイグイ加速させます。

燃料が軽油となるため、ランニングコストを抑えられるのも魅力です。

ガソリンターボモデルとなるGLS550 4MATIC SportsやメルセデスAMG GLS63 4MATICでは、爽快な加速を体感できます。

なお、GLEクラスやGLCクラスでラインナップされていたクーペモデルは、GLSクラスではランナップされていません。

初代メルセデス・ベンツGLSクラス(X166)のまとめ

ここまで、初代メルセデス・ベンツGLSクラス(X166)について紹介してきました。

GLSクラスは、メルセデス・ベンツの誇るフラッグシップSUVです。

圧倒的な存在感と強靭なエンジンが魅力で、重量級のボディを軽々と加速させ、あらゆる路面で安定した走行性能を発揮します。

なお、本格的にオフロードを走行する場合には、GLSクラスではなくGクラスをおすすめします。

GLSクラスはモノコックボディですが、Gクラスではオフロード向けのラダーフレームが採用されています。

以上が、初代メルセデス・ベンツGLSクラス(X166)のまとめです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする