Lexus Safety System+について(レクサスの安全装備)

Lexus Safety System+について(レクサスの安全装備)

みなさん、こんにちは

「高級車を所有する歓び。~premium-car-lineup.com~」にお越しいただきまして、ありがとうございます。

このサイトでは、メルセデス・ベンツ、BMW、アウディ、レクサス等の高級車ブランドについて紹介しています。

はじめての方にも分かりやすい、プレミアムカー選びの参考になるサイトを目指しています。

今回は、レクサスの安全装備であるLexus Safety System+について紹介します。

スポンサーリンク

Lexus Safety System+の主要機能

Lexus Safety System+の主要機能は、次の4つのものになります。

プリクラッシュセーフティシステム

衝突安全に関する装備です。

レーンディパーチャーアラート

車線逸脱の可能性のある時に、アラートが鳴るシステムです。

オートマチックハイビーム

自動でハイビームとロービームを切り替えるシステムです。

レーダークルーズコントロール

追従機能に関するシステムです。

以下、これら4つのシステムについて、順に機能を紹介していきます。

プリクラッシュセーフティシステム

このシステムは、ミリ波レーダーと嘆願カメラで先行車や歩行者を認識し、衝突の危険性が高い時にアラートとともに自動ブレーキが作動するシステムです。

具体的な動作の説明を行います。

衝突の危険性があると判断した場合には、アラートが鳴り、ドライバーにブレーキ操作を促します。

ドライバーがブレーキを踏むと、ブレーキアシストが作動して、衝突回避のサポートを行います。

ブレーキ操作がなかった場合にも、自動ブレーキが作動し、衝突の回避を行います。

例えば、先行車が停車、自車が40km/hの場合には40km/h減速し、自転車が10km/h、自車が40km/hの場合には30km/hの減速を行います。

作動条件としては、対車両との作動条件としては自車速度が10km/h以上の場合、対歩行者の場合には自車速度が10~80km/hの範囲で作動します。

レーンディパーチャーアラート

単眼カメラで白線や黄線を認識し、ウインカー操作なしに車線逸脱を行った場合には、ステアリングの振動、警報ブザー、およびディスプレイで警告を行い、さらに車線逸脱を回避しやすいようにパワーステアリング制御。

このステアリングアシストにより、ドライバーの車線逸脱回避操作をアシストします。

さらにふら付きも認識し、ふら付きを認識した場合には警報ブザーとディスプレイ表示で、休憩を促すシステムも備えています。

オートマチックハイビーム

自動でハイビームとロービームを切り替えるシステムです。

周囲の明るさを認識し、ハイビームでの走行が適していると判断した場合には、自動的にハイビームになります。

また、対向車の明かりを認識した場合には、自動的にロービームに切り替わり、ハイビーム、ロービームの切り替えのわずらわしさを解消します。

なお、このシステムはスイッチで解除することが可能です。

レーダークルーズコントロール

レーダーで先行車量との距離を認識し、追従走行を行います。

高速道路でのロングドライブなどでは、車速、車間距離を自動調節してくれるため、運転負担の軽減につながります。

Lexus Safety System+のまとめ

今回は、レクサスの安全装備であるLexus Safety System+についてまとめました。

大きく分けて4つのシステムで構成されています。

衝突を回避するプリクラッシュセーフティシステム

車線逸脱、ふら付きを防止するレーンディパーチャーアラート

ハイビームとロービームを自動で切り替えるオートマチックハイビーム

自動で追従運転を行い、ロングドライブでの負荷を軽減するレーダークルーズコントロール

このシステムがレクサスの安全装備の基本システムとなります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする