レクサスの安全装備

レクサスの安全装備

みなさん、こんにちは。

「高級車を所有する歓び。~premium-car-lineup.com~」にお越しいただきまして、ありがとうございます。

このサイトでは、メルセデス・ベンツ、BMW、アウディ、レクサス等の高級車ブランドについて紹介しています。

はじめての方にも分かりやすい、プレミアムカー選びの参考になるサイトを目指しています。

ここでは、レクサスに搭載されてる数々の安全装備について紹介します。

Lexus Safety System+

Lexus Safety System+は、レクサスの安全装備のパッケ-ジ化されたものです。

このLexus Safety System+は4つのシステムから構成されており、

衝突安全に関するプリクラッシュセーフティシステム

車線逸脱防止のレーンディパーチャーアラート

自動でハイビームとロービームを切り替え、夜間の視界を確保するオートマチックハイビーム

追従運転に関するレーダークルーズコントロール

となります。

Lexus Safety System+の詳細記事

ブラインドスポットモニター(BSM)

ブラインドスポットモニター(BSM)は、車線変更時の死角の安全性をサポートするシステムです。

車両の後側方に車両が存在する場合、さらに、隣の車線の最大約60mまでに車両差存在する場合に、ドアミラー内のインジケーターが点灯し、ドライバーに注意を促します。

また、その状態でウインカーを使用した場合に、インジケーターが点滅し、さらに注意喚起を行います。

これにより、車線変更時の安全性が増します。

ブラインドスポットモニター(BSM)の詳細記事

リアクロストラフィックアラート(RCTA)

リアクロストラフィックアラート(RCTA)は、ブラインドスポットモニター(BSM)のシステムを利用し、後退時に接近車両がある場合にドライバーに知らせるシステムです。

リアクロストラフィックアラート(RCTA)の詳細記事

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする