ブラインドスポットモニター(BSM)(レクサスの安全装備)

ブラインドスポットモニター(BSM)(レクサスの安全装備)

みなさん、こんにちは

「高級車を所有する歓び。~premium-car-lineup.com~」にお越しいただきまして、ありがとうございます。

このサイトでは、メルセデス・ベンツ、BMW、アウディ、レクサス等の高級車ブランドについて紹介しています。

はじめての方にも分かりやすい、プレミアムカー選びの参考になるサイトを目指しています。

今回は、レクサスの安全装備である、ブラインドスポットモニター(BSM)について紹介します。

簡単に紹介すると、ブラインドスポットモニター(BSM)は、車線変更時の死角の安全性をサポートするシステムです。

スポンサーリンク

ブラインドスポットモニターの機能

自動車の側方は、死角となっいて、車両の存在の把握が難しいのが現状です。

このレクサスのブラインドスポットモニター(BSM)は、その資格部分の安全に関して補助を行う装置です。

車両の後側方に車両が存在する場合、さらに、隣の車線の最大約60mまでに車両差存在する場合に、ドアミラー内のインジケーターが点灯し、ドライバーに注意を促します。

また、その状態でウインカーを使用した場合に、インジケーターが点滅し、さらに注意喚起を行います。

このレクサスのブラインドスポットモニター(BSM)では、急接近してくる車両も検知可能で、車線変更時の安全性をより高めています。

まとめ

レクサスのブラインドスポットモニター(BSM)について紹介しました。

ブラインドスポットモニターは、車線変更時の死角の安全をサポートする装置です。

非常に円里奈装置ではあるのですが、あくまで安全を補助する装置です。

どの安全措置にも共通ですが、車線変更時にはしっかりと目視で確認することが前提で、安全装置の過信は禁物です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする