初代レクサスIS(20系)について(アルテッツァを引き継ぐレクサスのスポーツセダン、V6エンジン搭載、F SPORTの魅力)

初代レクサスIS(20系)について(アルテッツァを引き継ぐレクサスのスポーツセダン、V6エンジン搭載、F SPORTの魅力)

みなさん、こんにちは

「高級車を所有する歓び。~premium-car-lineup.com~」にお越しいただきまして、ありがとうございます。

このサイトでは、メルセデス・ベンツ、BMW、アウディ、レクサス等の高級車ブランドについて紹介しています。

はじめての方にも分かりやすい、プレミアムカー選びの参考になるサイトを目指しています。

今回は、初代レクサスIS(20系)についてです。

初代レクサスIS(20系)は、トヨタ アルテッツァを引き継ぐレクサスのスポーツセダンです。

小柄な車体に高出力なV6エンジンを搭載し、動力性能とともに、俊敏なハンドリングも実現しています。

スポンサーリンク

初代レクサスIS(20系)の動画

まずは、初代レクサスIS(20系)の動画から見ていきましょう。

この動画は、初代レクサスIS(20系)のレクサス公式PVです。

PVを見てもわかるように、週末のロングドライブを愉しむのには最適なクルマです。

研ぎ澄まされたプレミアムブランドとしての品格と、鍛え上げた走行性能が、クルマを所有する喜び、操る愉しさを味わわせてくれます。

初代レクサスIS(20系)の加速性能

次に、初代レクサスIS(20系)の加速性能を見ていきます。

この動画は、初代レクサスIS350の加速動画です。

IS350の8ATは、1速のギア比を大きくすることで、強力な瞬発力を発揮します。

0-100は5秒ほどです。

初代レクサスIS(20系)のエンジン

次に、初代レクサスIS(20系)のエンジンを見ていきます。

初代レクサスIS(20系)には、2種類のV6エンジンが搭載されました。

IS350の2GR-FSE型エンジン

V型エンジン6気筒3.5L

最高出力:234kW(318PS)/6,400rpm

最大トルク:380Nm(38.7kgf・m)/4,800rpm

レクサスIS350にはV6 3.5Lエンジンの2GR-FSE型エンジンが搭載されました。

最高出力は318馬力で、小型、軽量なレクサスISの車体を豪快に加速させます。

また、3.5Lという余裕の大排気量エンジンとあって、太い低速トルクを生かしたゆとりのある走りはもちろんのこと、V6エンジンのリズミカルなサウンドで、スポーツドライブにも利用できます。

2GR-FSE型エンジンについては、次の記事で詳細をまとめました。

ぜひご覧ください。

2GR-FSE型エンジンの詳細記事

IS250の4GR-FSE型エンジン

V型エンジン6気筒2.5L

最高出力:158kW(215PS)/6,400rpm

最大トルク:260Nm(26.5kgf・m)/3,800rpm

レクサスIS250には、V6 2.5Lエンジンの4GR-FSE型エンジンが搭載されます。

2.5Lという必要十分な排気量と、最高出力215馬力は、日本の道路事情に適したエンジンで、エンジンを回すことの楽しさを体感できるエンジンです。

V6 自然吸気エンジンのリズミカルで上質なサウンドとともに伸びていく加速は、オーバーパワーではなく、エンジン回転数の上昇とともに加速する、クルマを操る本当の愉しさがわかるはずです。

4GR-FSE型エンジンについては、次の記事で詳細をまとめました。

ぜひご覧ください。

4GR-FSE型エンジンの詳細記事

初代レクサスIS(20系)のトランスミッション

次に、初代レクサスIS(20系)のトランスミッションを見ていきます。

初代レクサスIS(20系)のトランスミッションは、IS350、IS250ともに6ATです。

6弾という多段変速のATは、エンジンサウンドの小刻みな変化で官能的なドライブフィールを演出するとともに、燃費にも貢献します。

マニュアルモード付きで、ワインディングでのアグレッシブな走りも可能になります。

初代レクサスIS(20系)の駆動方式

次に、初代レクサスIS(20系)の駆動方式を見ていきます。

初代レクサスIS(20系)には、FRとAWDがありました。

2GR-FSE型のV6 3.5Lエンジンを搭載するIS350では、FRのみの設定となっています。

また、4GR-FSE型のV6 2.5Lエンジンを搭載するIS250では、FRとAWDが選べました。

走行性能ではIS350が圧倒的に優れるのですが、雪の多い地域で、AWDモデルが必須の場合にIS350が選べないのが残念な点でした。

初代レクサスIS(20系)のエクステリアデザイン

次に、初代レクサスIS(20系)のエクステリアデザインについて見ていきます。

まずはフロントデザインです。

まさに正統派セダンといったフロントデザインです。

L字型のLEDはレクサスの象徴。

つややかなフロントグリルに浮かぶ、レクサスエンブレムが魅力です。

その他、大事排気量エンジンを搭載することを主張する高いボンネットも、初代レクサスISのフロントデザインに風格を与えます。

次にサイドビューです。

フロントからリアへ流れる流線型なデザインが美しいです。

ウインドウのメッキなど、細かい部分にまでこだわることで、他とは違った上質さがあふれ出ています。

最後にリアデザインです。

テールライトを両端に配置することで、ワイドなリアデザインを演出しています。

マフラーは2本出しで、バンパーになじむデザインです。

スポーティ強調しすぎないところが上品なリアデザインです。

初代レクサスIS(20系)のインテリアデザイン

次に初代レクサスIS(20系)のインテリアデザインについて見ていきます。

まずは運転席周りから。

ブラックの中に茶木目があり、コントラストが美しいインテリアデザインです。

パドルシフトも装備され、週末のワインディングでのスポーツ走行も可能にします。

次に車内空間を見ていきます。

ホールド性の高いシート形状は、旋回時にもドライバーの体を支え、初代レクサスISの優れたハンドリング性能を存分に楽しむことができます。

また、写真ではわかりにくいですが、後部座席の足元空間は狭いため、後部座席を利用しての長距離ドライブには向かないでしょう。

レクサスISは、Intelligent Sport Sedanの略称からもわかるように、スポーツ性能を重視したクルマです。

多人数乗車での長距離ドライブを考えているなら、レクサスGSがおすすめです。

初代レクサスIS(20系)の新車価格

次に、初代レクサスIS(20系)の新車価格についてまとめます。

掲載している車両価格は、初代レクサスISの、最終的な新車価格です。

モデル グレード エンジン トランスミッション 駆動方式 新車価格
IS350 version L V6 3.5L 6速AT FR 5,565,000円
F SPORT 6速AT FR 5,534,000円
version T 6速AT FR 5,225,000円
6速AT FR 5,102,000円
IS250 version L V6 2.5L 6速AT FR 4,659,000円
F SPORT 6速AT FR 4,629,000円
version T 6速AT FR 4,320,000円
6速AT FR 4,094,000円
Art Works 6速AT FR 4,094,000円
version L 6速AT AWD 5,019,000円
6速AT AWD 4,464,000円
Art Works 6速AT AWD 4,526,000円

初代レクサスIS(20系)の新車価格は、4,094,000円~5,565,000円です。

モデル別では、IS350が5,102,000円~5,565,000円、IS250が4,094,000円~5,019,000円です。

IS350の標準モデルと、IS250の最上級モデルであるIS250 version Lを比較しても、IS350の方が高額な設定となっています。

初代レクサスIS(20系)におけるおすすめモデルは、IS350、IS250にかかわらずF SPORTです。

スポーツセダンである以上、スポーツグレードが魅力的です。

特に、専用サスペンション、電動パワーステアリング、専用18インチアルミホイールが装備され、レクサスISのハンドリング性能に、さらに磨きがかかっています。

F SPORTには専用のボディカラーである、エクシードブルーメタリックが設定され、よりスポーティなエクステリアデザインになっています。

初代レクサスIS(20系)のまとめ

ここまで、初代レクサスIS(20系)について紹介してきました。

小柄な車体に官能性の高いV6エンジンを搭載したFRセダンのレクサスISは、スポーツセダンとしての運転を愉しむ感覚と、レクサスの高級感が合わさった、極上の一台です。

ぜひ、F SPORTグレードをおすすめします。

以上が、初代レクサスISのまとめです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする