レクサス2GR-FSE型エンジン(レクサスのV6 3.5Lエンジン)

レクサス2GR-FSE型エンジン(レクサスのV6 3.5Lエンジン)

みなさん、こんにちは。

「高級車を所有する歓び。~premium-car-lineup.com~」にお越しいただきまして、ありがとうございます。

このサイトでは、メルセデス・ベンツ、BMW、アウディ、レクサス等の高級車ブランドについて紹介しています。

はじめての方にも分かりやすい、プレミアムカー選びの参考になるサイトを目指しています。

今回は、レクサス2GR-FSE型エンジンの詳細を書きます。

スポンサーリンク

レクサス2GR-FSE型エンジンのスペック

レクサス2GR-FSE型エンジンのスペックを紹介します。

レクサス2GR-FSE

V型エンジン6気筒 3.5L DOHC 24バルブ Dual VVT-i (D-4S)

最高出力:232kW(315PS)/6,400rpm

最大トルク:377Nm(38.4kg・m)/4,800rpm

2GR-FSE型エンジンは、筒内直接燃料噴射(D-4S)を採用したエンジンで、直接噴射とポート噴射式を使い分ける世界初の機構のエンジン。

特に高回転においては、直噴による燃料の気化熱を利用した冷却により、対ノッキング性能を向上させています。

また、高回転での効率を重視したため、可変吸気システムを持たないシンプルな機構を持ちません。

その結果、高回転域にまで吹け上がる心地よさと、官能的なサウンドを実現したエンジンです。

レクサス2GR-FSE型エンジンの搭載技術

レクサス2GR-FSE型エンジンには、直噴システムが搭載されています。

直噴システム

直噴システムは、シリンダー内に直接燃料を噴射することにより、燃料の気化熱を利用してシリンダー内の温度を下げることができます。

これにより、対ノック性能が向上し、高圧縮比のエンジンを設計することが可能になります。

圧縮比を上げることはエンジンの熱効率そのものに影響するので、より高効率、高出力のエンジンが実現できます。

D-4S

トヨタ独自の技術であるD-4Sは、エンジンの運転状況に応じて、直噴とポート噴射を切り替えるものです。

上でも書いたように、直噴エンジンは高効率、高出力なエンジンになりますが、シリンダー内に直接エ燃料を噴射することになり、高回転時には噴射した燃料の均質性が取れず、高回転に追従する高圧燃料噴射装置が必要になり、高コストになるほか、振動も発生しやすいといったデメリットが発生します。

これにより、直噴エンジンだけでは高回転馬力を発揮させることができません。

そこで、運転状況に応じて直噴とポート噴射を切り替えることで、直噴、ポート噴射のいい部分のみを引き出すことで、低回転時から高回転域という幅広い回転域で優れた動力性能を発揮させることに成功した技術です。

レクサス2GR-FSE型エンジンの搭載モデル

レクサス2GR-FSE型エンジンの搭載モデルを紹介します。

初代レクサスGS350

トヨタ車としては初となる、280馬力を越えたクルマです。

トヨタ アリストが先代モデルであり、日本国内へのレクサスブランドの導入により、レクサスGSとなりました。

初代レクサスGSについての詳細は、次の記事をご覧ください。

初代レクサスGSの詳細記事

2代目レクサスGS350(マイナーチェンジまで)

2代目レクサスGSにも、初代GSと同じGR-FSEが搭載されました。

このエンジンは、2015年のマイナーチェンジで、アトキンソンサイクルを用いた、2GR-FKS型エンジンに置き換えられました。

2GR-FKS型エンジンの詳細記事

2代目レクサスGSの詳細は、次の記事をご覧ください。

2代目レクサスGSの詳細記事

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする