レクサスV35A-FTS(レクサスのV6 3.5Lターボエンジン)

レクサスV35A-FTS型エンジンについて

みなさん、こんにちは。

「高級車を所有する歓び。~premium-car-lineup.com~」にお越しいただきまして、ありがとうございます。

このサイトでは、メルセデス・ベンツ、BMW、アウディ、レクサス等の高級車ブランドについて紹介しています。

はじめての方にも分かりやすい、プレミアムカー選びの参考になるサイトを目指しています。

今回はレクサスのV6 3.5Lターボエンジンである、

V35A-FTS型エンジンについて紹介します。

スポンサーリンク

レクサスV35A-FTS型エンジンのスペック

まず、レクサスV35A-FTS型エンジンのスペックについて紹介します。

レクサスV35A-FTS

V型エンジン6気筒 3.5L ターボ

最高出力:310kW(422PS)/6,000rpm

最大トルク:600Nm(61.2kgf・m)/1,600-4,800rpm

レクサスの新開発の3.5Lターボエンジンで、レクサスLSのために開発されたエンジンです。

1,600rpmという低回転から、最大トルクの600Nmを発揮するのが特徴で、最高出力も422馬力と高出力エンジンとなっており、低回転からの力強い加速と、高回転での伸びの良い加速も同時に実現しています。

V型6気筒のGR型エンジンとは設計は異なり、基本設計はすべて見直されています。

主な搭載技術は、高速燃焼技術と高効率ターボチャージャーで、高出力と環境性能の両立が実現されています。

レクサスV35A-FTS型エンジンの搭載車種

レクサスV35A-FTS型エンジンの搭載モデルを紹介します。

2代目レクサスLS500

レクサスのフラッグシップモデルであるLSの初めてのターボモデルです。

歴代ではV8エンジンが搭載されていたレクサスLSですが、ターボ化によりV6エンジンにダウンサイジングが可能になりました。

また、このV35A-FTS型エンジンは、レクサスLSのために開発されたエンジンであり、

レクサスのフラッグシップモデルの名に恥じない、上質な走りと圧倒的な加速性能を備えています。

2代目レクサスLSの詳細は、次の記事をご覧ください。

→2代目レクサスLSの詳細記事

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする