初代レクサス CT(10系)について(レクサスのコンパクトモデル、レクサス最小排気量のハイブリッドとF SPORTの走り)

初代レクサス CT(10系)について(レクサスのコンパクトモデル、レクサス最小排気量のハイブリッドとF SPORTの走り)

みなさん、こんにちは。

「高級車を所有する歓び。~premium-car-lineup.com~」にお越しいただきまして、ありがとうございます。

このサイトでは、メルセデス・ベンツ、BMW、アウディ、レクサス等の高級車ブランドについて紹介しています。

はじめての方にも分かりやすい、プレミアムカー選びの参考になるサイトを目指しています。

今回は、初代レクサス CT(10系)についてまとめます。

レクサスの初代CT200hは、レクサスのコンパクトモデルであり、価格の面からもレクサスの入門モデルとなります。

小柄な車体に1.8Lハイブリッドが組み合わされ、走行性能と活況性能、そして経済性を兼ね備えたモデルです。

スポンサーリンク

初代レクサス CT(10系)の動画

初代レクサス CT(10系)の試乗動画です。

走行性能に絞ってインプレッションがされています。

初代レクサス CT(10系)の加速性能

初代レクサスCT200hの0-100加速動画です。

0-100加速は8秒ほどです。

高速道路を含めた日常用途では十分な動力性能といえます。

初代レクサス CT(10系)のボディサイズ

次に、初代レクサス CT(10系)のボディサイズを見ていきます。

レクサス CT
全長 4,355mm
全幅 1,765mm
全高 1,460mm
ホイールベース 2,600mm

初代レクサス CT(10系)は、全長、全幅ともに小さく、都市部でも扱いやすいボディサイズです。

ほとんどの立体駐車場にも入れるサイズなので、気軽に乗ることができます。

初代レクサス CT(10系)のエンジン

次に、初代レクサスCT200hのエンジンを見ていきます。

2ZR-FXE

直列エンジン4気筒1.8L ハイブリッド

最高出力:73kW(99PS)/5,200rpm

最大トルク:142Nm(14.5kgf・m)/4,000rpm

モーター最高出力:60kW(82PS)

モーター最大トルク:207Nm(21.1kgf・m)

システム最高出力:100kW(136PS)

初代レクサスCT200hには、直列エンジン4気筒1.8Lの2ZR-FXEエンジンにハイブリッドシステムが搭載され、システム最高出力は136馬力になります。

総合的に見れば走行性能は2.0Lエンジン車に相当し、燃費は30.4km/Lと、トップクラスの環境性能を備え、同時に経済性も配慮されています。

2ZR-FXE型エンジンについては、次の記事で詳細をまとめました。

ぜひご覧ください。

2ZR-FXE型エンジンの詳細記事

初代レクサス CT(10系)のトランスミッション

初代レクサスCT200hのトランスミッションは、電気式無段変速機です。

電気式無段変速機は、無段階変速による変速ショックのない走りが特徴です。

これにより、あらゆるシーンで上質な走りが愉しめます。

必要なときには素早くキックダウンし、エンジン回転数を高めることでパワーを最大限に発揮し、スポーティな走りも可能です。

また、常にエンジンの効率の良い回転数を維持できるため、環境性能にも貢献するトランスミッションです。

初代レクサス CT(10系)の駆動方式

初代レクサスCT200hの駆動方式は、FFモデルのみとなります。

FFモデルは、駆動系のパーツがすべてフロントに収まることから、車両サイズと比べて広い車内空間が実現できます。

レクサスCT200hは、FF専用モデルとすることで、車両サイズと比較して十分広い車内空間を実現しています。

初代レクサス CT(10系)のエクステリアデザイン

次に、初代レクサスCT200hのエクステリアデザインを見ていきます。

まずはフロントデザインです。

スピンドルグリルの採用で、レクサスの上級モデルと引けを取らない高級感が生まれました。。

レクサスCT200hのデザインは一言でいうなら「おしゃれ」という表現が合うでしょう。

大きすぎずスタイリッシュに、個性のあるクルマです。

次にサイドビューです。

コンパクトな車体でも、パット見ただけでレクサスとわかるのは、レクサスクオリティが受け継がれているからです。

レクサスであるだけで、派手に飾らなくても高級感は満載です。

最後にリアデザインです。

水平基調のデザインで安定感があります。

また、テールライトを横長にすることでワイド感を出し、CT200hの風格をアップさせています。

初代レクサス CT(10系)のインテリアデザイン

次に、初代レクサスCT200hのインテリアデザインを見ていきます。

まずは運転席周りからです。

アナログクロックなどがなく、レクサスISなどと比べるとカジュアルな内装になります。

しかし、ボタン類の質感はレクサスで、トヨタ車とは決定的な違いがあります。

次に車内空間を見ていきます。

FF専用モデルとなるレクサスCT200hは、車両サイズの割に広い車内空間が特徴です。

多人数乗車の長距離ドライブでも、後部座席の人も快適でしょう。

初代レクサス CT(10系)の安全装備

初代レクサス CT(10系)には、Lexus Safety System+が搭載されます。

Kexus Safety System+は、次の4つのシステムで構成されています。

衝突安全に関するプリクラッシュセーフティシステム。

車線逸脱に関するレーンディパーチャーアラート。

自動でハイビームとロービームを切り替えるオートマチックハイビーム

つ中運転に関するレーダークルーズコントロール

Lexus Safety System+については、次の記事で詳細をまとめました。

ぜひご覧ください。

Lexus Safety System+の詳細記事

初代レクサス CT(10系)の新車価格

最後に、初代レクサスCT200hの投稿日時点での新車価格をまとめておきます。

モデル グレード エンジン トランスミッション 駆動方式 新車価格
CT200h version L 直4 2.0L ハイブリッド 電気式無段変速機 FF 4,770,000円
F SPORT 電気式無段変速機 FF 4,400,000円
verson C 電気式無段変速機 FF 3,990,000円
電気式無段変速機 FF 3,770,000円

レクサスCT200hには4グレードあり、version L、F SPORT、version C、ベーシックとなります。

この中でも、F SPORTに関しては専用のボディカラーが選べ、ホワイトノーヴァガラスフレーク、ラヴァオレンジクリスタルシャイン、ヒートブルーコントラストレイヤリングという魅力的なボディカラーがそろっています。

人とは違ったレクサスCT200hに乗りたいっていう場合には、F SPORTの特別塗装色を選ぶといいでしょう。

初代レクサス CT(10系)のライバル車

次に、初代レクサス CT(10系)のライバル車を見ていきます。

メルセデス・ベンツ Aクラス

メルセデス・ベンツ Aクラスは、メルセデス・ベンツのコンパクトカーです。

7速DCTを搭載し、AMGモデルには量産車最強の4気筒エンジンが搭載されています。

動力性能で選ぶなら、上級モデルのAクラスは非常に魅力的です。

メルセデス・ベンツ Aクラスの詳細は、次の記事をご覧ください。

メルセデス・ベンツ Aクラスの詳細記事

BMW 1シリーズ

BMW 1シリーズは、BMWのコンパクトカーです。

駆動方式がFRであるのが最大の魅力で、ハンドリングで選ぶなら1シリーズがお勧めです。

レクサスの場合、FR車はIS以上のセダン、クーペにしか設定されていません。

BMW 1シリーズの詳細は、次の記事をご覧ください。

BMW 1シリーズの詳細記事

アウディ A3/S3

アウディ A3/S3は、アウディのコンパクトカーです。

上級モデルにはアウディ独自のAWDシステムであるquattroが搭載されます。

あらゆる路面で安定した走りを実現するので、雪道走行や雨の高速道路でも、安心してドライブを愉しむことができます。

アウディ A3/S3の詳細は、次の記事をご覧ください。

アウディ A3/S3の詳細記事

初代レクサス CT(10系)のまとめ

ここまで、初代レクサス CT(10系)について紹介してきました。

レクサス CTは、レクサスのプレミアムコンパクトです。

日常での扱いやすさと機能性を盛り込んだ、魅力的なクルマです。

以上が、初代レクサス CT(10系)のまとめです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする