2代目レクサスRX(20系)について(圧倒的な風格のSUV、新たにターボモデルのRX300/200tをラインナップ)

2代目レクサスRX(20系)について(圧倒的な風格のSUV、新たにターボモデルのRX300/200tをラインナップ)

みなさん、こんにちは。

「高級車を所有する歓び。~premium-car-lineup.com~」にお越しいただきまして、ありがとうございます。

このサイトでは、メルセデス・ベンツ、BMW、アウディ、レクサス等の高級車ブランドについて紹介しています。

はじめての方にも分かりやすい、プレミアムカー選びの参考になるサイトを目指しています。

今回は、2代目レクサスRX(20系)についてまとめました。

スポンサーリンク

2代目レクサスRX(20系)の動画

まずはレクサスRXの紹介動画です。

クルマの魅力は写真ではなかなか伝わらないため、動画で見るのが一番ですよね。

レクサス公式のドライビングムービーをご覧ください!

2代目レクサスRX(20系)の加速性能

次に、2代目レクサスRX(20系)の加速性能について見ていきます。

この動画は、レクサスRX450hのフル加速動画です。

200km/hまで加速します。

0-100加速タイムは8秒ほどです。

2代目レクサスRX(20系)のエンジン

レクサスRXには、V6 3.5LハイブリッドモデルのレクサスRX450hと、ターボモデルのレクサスRX200tがあります。

なお、V6 3.5LモデルのレクサスRX350は廃止されました。

RX450h(2GR-FXS型)

V型エンジン6気筒3.5Lハイブリッド

最高出力:193kW(262PS)/6000rpm

最大トルク:335Nm(34.2kgf・m)/4600rpm

フロントモーター最高出力:123kW(167PS)

フロントモーター最大トルク:335Nm(34.2kgf・m)

リアモーター最高出力:50kW(68PS)

リアモーター最大トルク:139Nm(14.2kgf・m)

システム最高出力:230kW(313PS)

2代目レクサスRX(20系)のフラッグシップモデルになります。

V6 3.5Lエンジンに加え、搭載されるモーターの最大トルクは34.2kgf・mであり、おおよそ3.0L相当のトルクを発揮します。

システムパワーは313馬力となり、全体として4.5L相当の加速性能を発揮します。

2GR-FXS型エンジンの詳細は、次の記事にまとめました。

ぜひご覧ください。

2GR-FXS型エンジンの詳細記事

RX300(旧:RX200t)(8AR-FTS型)

直列エンジン4気筒2.0Lターボ

最高出力:175kW(238PS)/4800-5600rpm

最大トルク:350Nm(35.7kgf・m)/1650-4000rpm

2代目レクサスRX(20系)に搭載されるダウンサイジングターボエンジンです。

2.0Lエンジンにターボチャージャーを搭載することで、3.0Lクラスの動力性能を発揮します。

8AR-FTS型エンジンの詳細は、次の記事をご覧ください。

8AR-FTS型エンジンの詳細記事

2代目レクサスRX(20系)のトランスミッション

次に、2代目レクサスRX(20系)のトランスミッションを見ていきます。

2代目レクサスRX(20系)では、電気式無段変速機と6速ATが採用されています。

ハイブリッドモデルのRX450hでは、電気式無段変速機が採用され、変速ショックのないスムーズな加速を愉しむことができます。

ターボモデルのRX300では、6速ATが採用され、リズミカルな変速を愉しむことができます。

2代目レクサスRX(20系)の駆動方式

次に、2代目レクサスRX(20系)の駆動方式を見ていきます。

2代目レクサスRX(20系)には、FFとAWDモデルがラインナップされています。

ハイブリッドモデルのRX450h、ターボモデルのRX300ともに、FFとAWDが選択できます。

2代目レクサスRX(20系)のエクステリアデザイン

次に、2代目レクサスRX(20系)のエクステリアデザインを見ていきます。

まずはフロントデザインです。

大柄のボディサイズを生かした車両サイズ以上の迫力があります。

次に、サイドデザインを見ていきます。

SUVとは思えない、このルーフの流線的なデザイン。

また、フロントがエアロっぽくなっていて、流れるようなしなやかさと、エッジの利いたデザインが絶妙にマッチしています。

全SUVの中でNo.1のデザイン力といえるでしょう。

最後に、リアデザインを見ていきます。

レクサス共通の「L字」型のテールライトが、後続車へ、レクサスであることを主張します。

2代目レクサスRX(20系)のインテリアデザイン

次に、2代目レクサスRX(20系)のインテリアデザインを見ていきます。

まずは運転席周りから。

ブラウンの高級感満点のインテリアデザインです。

一クラス下のレクサスNXは大胆なデザインでしたが、レクサスRXでは圧倒的な上質感があり、真のラグジュアリーカーといえるでしょう。

次に車内空間を見ていきます。

レクサスの最上級モデルであるLSに通じるような、おもてなしの空間。

友達を乗せて自慢したくなるような、圧倒的な品格を放ちます。

レクサスRXは大柄な車体を十分生かした広大な車内空間が魅力的です。

長距離ドライブでも、同乗者全員が快適な移動ができるでしょう。

2代目レクサスRX(20系)の安全装備

次に、2代目レクサスRX(20系)の安全装備を見ていきます。

Lexus Safety System+

Lexus Safety System+は、4つの安全装置をパッケージ化したもです。

その内容は、

衝突安全に関するプリクラッシュセーフティシステム

車線逸脱防止のレーンディパーチャーアラート

自動でハイビームとロービームを切り替え、夜間の視界を確保するオートマチックハイビーム

追従運転に関するレーダークルーズコントロール

となります。

つまり、Lexus Safety System+は、レクサスの安全性能を支える基本的な安全装備になります。

Lexus Safety System+については、次の記事で詳細をまとめました。

ぜひご覧ください。

Lexus Safety System+の詳細記事

ブラインドスポットモニター(BSM)

ブラインドスポットモニター(BSM)の基本動作は、車両の後側方に車両が存在する場合、さらに、隣の車線の最大約60mまでに車両差存在する場合に、ドアミラー内のインジケーターが点灯し、ドライバーに注意を促します。

また、その状態でウインカーを使用した場合に、インジケーターが点滅し、さらに注意喚起を行います。

ブラインドスポットモニター(BSM)については、次の記事で詳細をまとめました。

ぜひご覧ください。

ブラインドスポットモニター(BSM)の詳細記事

リアクロストラフィックアラート(RCTA)

リアクロストラフィックアラート(RCTA)は、駐車場から後退する際に、左右後方から接近してくる車両をブラインドスポットモニター(BSM)のレーダーにより検知し、ドアミラー内のインジケーター点滅とブザーでドライバーに注意を促すシステムです。

これにより、後退時の安全をサポートします。

リアクロストラフィックアラート(RCTA)については、次の記事で詳細をまとめました。

ぜひご覧ください。

リアクロストラフィックアラート(RCTA)の詳細記事

2代目レクサスRX(20系)の新車価格

次に、2代目レクサスRX(20系)の新車価格をまとめます。

モデル グレード エンジン トランスミッション 駆動方式 新車価格
RX450h L V6 3.5L ハイブリッド 電気式無段変速機 AWD 7,690,000円
RX450h version L V6 3.5L ハイブリッド 電気式無段変速機 AWD 7,036,000円
F SPORT AWD 7,176,000円
AWD 6,047,000円
version L FF 7,296,000円
F SPORT FF 7,436,000円
FF 6,307,000円
RX300 version L 直4 2.0L ターボ 6速AT AWD 5,961,000円
F SPORT AWD 5,801,000円
AWD 4,972,000円
version L FF 6,221,000円
F SPORT FF 6,061,000円
FF 5,232,000円

2代目レクサスRX(20系)の新車価格は、5,232,000円からです。

最上級モデルとして、ロングバージョンのRX450h Lが登場し、選択の幅が広がりました。

全長が5mになるフルサイズSUVとなるので、車内空間も広がり、快適なドライブを愉しむことができます。

RX450hでは、V6 3.5L ハイブリッドの圧倒的な加速感を味わうことができるので、パワーで選ぶならRX450hです。

一方のRX300では先進的なダウンサイジングターボエンジンが採用されており、低回転から湧き出る豊かな低速トルクが、重量級の車体を軽々と加速させます。

レクサスRXのライバル車

最後に、レクサスRXのライバル車についてまとめておきます。

レクサスのライバル車はもちろんドイツ車でしょう。

メルセデス・ベンツGLEクラス

メルセデス・ベンツGLEクラスが比較対象になるでしょう。

先進的なドイツのディーゼルエンジンが選べるのも魅力です。

GLEクーペも魅力的です。

BMW X5

ハンドリングにこだわるBMWのSUV。

縦置きエンジンのFRレイアウトは、抜群のハンドリング性能を誇ります。

走行性能重視ならBMW X5でしょう。

アウディQ5

SUVなので4WD性能で選ぶなら迷わずアウディです。

アウディの4WD性能は、世界的にも広く認められています。

まとめ

ここまで、2代目レクサスRX(20系)について紹介してきました。

大柄なボディサイズを生かした迫力のあるデザインと、サイドから見たときの流麗なデザインが魅力です。

高出力のハイブリッドモデルや、先進のダウンサイジングターボモデルもラインナップされており、好みに応じてチョイスできるのも魅力です。

以上が、2代目レクサスRX(20系)のまとめです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする