リアクロストラフィックアラート(RCTA)(レクサスの安全装備)

リアクロストラフィックアラート(RCTA)(レクサスの安全装備)

みなさん、こんにちは。

「高級車を所有する歓び。~premium-car-lineup.com~」にお越しいただきまして、ありがとうございます。

このサイトでは、メルセデス・ベンツ、BMW、アウディ、レクサス等の高級車ブランドについて紹介しています。

はじめての方にも分かりやすい、プレミアムカー選びの参考になるサイトを目指しています。

今回は、レクサスの安全装備である、リアクロストラフィックアラート(RCTA)について紹介します!

レクサスのリアクロストラフィックアラート(RCTA)は、見えにくい後方視界の安全性を確保するためのシステムです。

スポンサーリンク

リアクロストラフィックアラート(RCTA)の動作

リアクロストラフィックアラート(RCTA)は、駐車場から後退する際に、左右後方から接近してくる車両をブラインドスポットモニター(BSM)のレーダーにより検知し、ドアミラー内のインジケーター点滅とブザーでドライバーに注意を促すシステムです。

これにより、後退時の安全をサポートします。

まとめ

レクサスのリアクロストラフィックアラート(RCTA)は、後方視界の確保を支援する安全装置です。

このシステムがあれば、後退時の安全性をより増すことができます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする